学校長ご挨拶

 恵みの雨の季節の訪れを告げるパダウの花の季節が過ぎ、令和3年度のスタートの時期となりました。昨年から続く新型コロナウイルスの世界的な規模での流行に未だ終息の道筋が見えず、さらに世情の大きな変化が重なり、通常の教育活動がままならない中での令和3年度のスタートになりました。

 本年度もホームページを通じてヤンゴン日本人学校に関わってくださるすべての皆様に、本校の様子や大事な情報をお届けしてまいります。

 

 ヤンゴン日本人学校は、昭和39年(1964年)の開校で、今年創立57周年になります。ミャンマーは近年、諸外国からの資本投入が進み、日本からも政府援助としてのJICA事業の拡大、日系企業の進出が急増していました。また、「アジア最後のフロンティア」といわれ、これからも大きな発展が期待されていました。そんな中、本校の園児児童生徒も急増して令和元年度には在籍数185名になりました。しかし、令和3年度は36名でのスタートです。

 在籍数は減少していますが、ヤンゴン在住の園児児童生徒はもちろん、一時帰国中の日本から、あるいは他国からもオンライン(遠隔)授業を通して、熱心に学んでいます。

 

 一日も早く通常の教育活動ができることを願いながら、現状での最善を目指して教職員一同、全力で園児児童生徒の教育にあたります。皆様のご理解とご支援を宜しくお願いします。

 

 

令和3(2021)年4月

 

在ミャンマー日本国大使館附属 ヤンゴン日本人学校

校長 鹿島 順  

© 2021 by Yangon Japanese School